目を閉じてダンスする兄さんと私

「事実」について、どのように感じているかな。「娘」とは、一般的にはどのように思われているのかな?別に真剣に考えるわけじゃないよ。

「事実」について、どのように感じているかな。「娘」とは、一般的にはどのように思われているのかな?別に真剣に考えるわけじゃないよ。

よく晴れた木曜の夕方はお菓子作り

娘の3歳の誕生日が近いので、誕生日プレゼントを何に決めようかを考えている。
嫁と相談して、体を使って遊ぶアスレチック系か知育玩具か着るものなどにするかを決定しようとしている。
悩んでなかなか決められないので、実物を見に行って決めることにしたけど、ピンとくるものがない。
けど、こどもに見せてみたら、簡単に決めることができた。
すべり台に一生懸命になったので、これに決めた。
ただ、私たちの家が狭いので、一番小さな折りたたみ可能なものに決めた。
価格もなかなかリーズナブルだったので、助かった。

目を閉じて自転車をこぐ先生と冷めた夕飯
都内で江戸の頃より賑わっている下町、台東区にある浅草。
最も歴史のあるお寺が浅草の観音様。
そこそこここ最近、浅草寺へご参拝に行ってきた。
久々に向かう台東区の浅草。
さらに、自分の目で実際に確認して分かったことは、日本人以外の観光客がたくさんいること。
世界中より観光客が来るここ浅草は、昔よりどう見ても増えた。
それは世界で一番背の高い総合電波塔、東京スカイツリー完成の関係もあるだろう。
近隣からは、ビッグバードハブ化に伴い身近になったという事で、そして、ヨーロッパ方面や欧米諸国からは、着物や和装小物に魅力を感じやってくるお客様が多数だろう。
いずれ、この先も多くの外国人観光客が、来るということを予想させられた。
日本の良さを見つけ、ぜひ楽しんで心に残る記念にして欲しい。
私は、仲見世通りをじゅうぶん散策することができた。
お土産として名物の人形焼と、雷おこしなどをたくさん購入して、着物や帯も見せてもらった。
宝蔵門を通過すると、豪華絢爛な浅草寺本堂が見えてきた。
この屋根瓦はチタン瓦を使用し、工事を行ったという。
浅草寺で秘仏の観音様に旅の無事と平和を祈りしっかりご参拝してきた。
今年の成果が、いつか成就しますように。

風の無い休日の日没に読書を

石田衣良という小説家に魅せられたのは、友達の愛ちゃんの部屋で。
「愛がいない部屋」という短いお話が納められた小説が彼女の部屋に置かれていたから。
地元の新潟のお母さんが読んで、その後お米やフルーツと一緒に送ってくれたらしい。
当時はまだまだ文学界で知れていなかった石田衣良。
愛は普段タレント本や流通、マナー本などは読む。
しかし、俗にいうストーリーものは嫌いだそうで、愛がいない部屋を私にあげる!という。
愛ちゃんのママは何を思いながら、石田衣良さんのこの本を手に取ったのだろうか。

ひんやりした週末の午前に料理を
北方謙三さんの水滸伝の人間味あふれていて男気熱い作中人物が、オリジナルの108星になぞらえて、主な登場キャラクターが108人でてくるが、敵方、権力側の人物も人間くさいのがいて、血が通っていると感じる。
登場人物に人間くさいもろさが見えるのも加えて、われを忘れるほどはまっていたわけだ。
弱いなりに自分の夢とか将来の為に能う限り 苦行をしいられているのが読みとおしていて心ひかれる。
精読していておもしろい。
しかれども、ひきつけられる登場人物が不幸な目にあったり、夢がなくなっていく話も心にひびくものがあるから熱中する長編小説だ。

勢いで話す母さんとオレ

ゴールデンでよくみる司会者がいきなり引退することで、報道で多く扱っていますが、たいそうすごい!!。
次期総理が誰に決定するかという話より報道でも番が速かった。
どのような政治家が総理大臣になろうが変わらないって思う人もとてもいるし、それより、某有名芸能人が芸能界を芸能界引退というのが何かしら影響がでるということですかね。

雲の無い祝日の朝は焼酎を
高校生の頃よりNHKを見ることがとっても増えた。
昔は、母親や祖父母が視聴していたら、民放のものが視聴したいのに考えていたが、近頃は、NHKを好んで見る。
若者向きの番組がたいそう少ないと思っていたのだけれど、近頃は、若者向きの番組も増えたと思う。
それとともに、かたい番組も好んで見るようになった。
そして、攻撃的でないものや娘に悪影響がすごく少ない内容のものがNHKは多いので、子供がいる今は視聴しやすい。
民放では、アンパンマンでさえとっても攻撃的だと思う。
毎回殴って終わりだから、私の子供も笑いながら殴るようになってしまった。

一生懸命泳ぐ君と電子レンジ

花火大会の季節だけど、しかし、住んでいる位置が、リゾート地で土曜日に、打ち上げ花火が打ち上っている、もはや慣れてしまって、新鮮さもなくなった。
毎週夜に、花火をあげているので、クレームもどっさりあるらしい。
自分の、家でもドンという花火の音が激しくてわが子がびくびくして涙を流している。
たまにのことならいいが、夏に、毎週夜に、ガンガン大きな音が鳴り続けていては、いらいらする。
すぐに花火が上がらなくなればいいのにと思う。

涼しい祝日の昼に微笑んで
夏休みも2週間くらいたった頃の夕暮れ時。
「カンケリ」で鬼になった少年は、とてもお腹を空かしていた。
捕らえても捕らえても缶をけられて捕虜が逃げるので、もうこのゲームは終わらないんじゃないかと肩を落とした。
へとへとにつかれて家に帰ると、玄関を開ける前に、今日の夕飯が何かわかった。
めちゃめちゃ美味しそうなカレーの香りに、少年は「やった!」と小さく叫んだ。

息もつかさず泳ぐ妹と履きつぶした靴

久しく行ってなかったお仕事の当日、初めて仕事で同行したAさんという年配の方は、怖そうな人だ。
入社時に会話をしてから近寄りがたく、業務以外のお話は全然お話したことがなかった。
この前、ただ何気なくAさんの半袖になった大柄な腕を拝見してかなりびっくりした!
大粒のパワーブレスが10個以上つけられていたため。
気付いたら、パワーストーン詳しいんですね!と話しかけてしまった。ほど。
するとAさんは得意げで、しかも笑顔で、それぞれの天然石の名前を教えてくれた。

一生懸命ダンスする彼女と公園の噴水
よく聞く音楽家はたくさん存在するけれど、最近は海外の音楽ばかり購入していた。
しかし、邦楽のアーティストの中から、大ファンなのがチャラだ。
チャラはたくさんの楽曲を出している。
有名なのは、HEAVEN、ミルク、DUCAなど。
私たちの国、日本さまざまな音楽家がいるがチャラは周りに独特の個性がピカピカと見られる。
日本国内には、海外進出して曲を出すミュージシャンも多くいるが、チャラも人気が出るような気がする。
あたしなんで抱きしめたいんだろう?「あたしを無人島に持って行って」
こう言った題名が思いつくことにビックリする。
多くの作品の曲作りも行っていて個人的には、感性豊かでカリスマな才能があると思う。
judy and maryのyukiとコラボレーションしてトップ10入りした、「愛の火、3つ、オレンジ」も、最高。
似合っていたから。
誰しも一度、思う、思われたい感覚の事を、上手にキャッチフレーズのように表現している。
キャッチフレーズコンテストなどに参加してほしい。


ページの先頭へ