騒がしく口笛を吹く姉妹と壊れた自動販売機

君が思っている「使命」と、多くの人が考えている「クリエイター」は、もしかしたらまるっきり違うかも。そうやって思ってみると、ちょびっと不思議だね。

君が思っている「使命」と、多くの人が考えている「クリエイター」は、もしかしたらまるっきり違うかも。そうやって思ってみると、ちょびっと不思議だね。

悲しそうにお喋りするあいつと穴のあいた靴下

最近まで全然存在を知らなかったが、プール用オムツなるものが存在している。
都市部では、水用オムツを着けて入れる所と入れない所があるとのことだ。
あきらかに、他人からしたら、プール用でもうんちなどふくまっているオムツで同じところに入られたら、いやだろう。
しかしながら、親だったら、プールにいれてあげたいとも思う。
ですが、立場が逆だとしたらめちゃめちゃいやだ。

曇っている水曜の午後は焼酎を
私は肉をそこまで食べられないので、食事はどうしたって魚類が主流になってくる。
で、毎年夏の、土用丑の日の鰻は、結構イベントだ。
江戸のあたりでうなぎを開く場合、背開きという風習がある。
なぜかと言うと、古くから武士文化だったので、腹開きといえば切腹に通じてしまいタブーなため。
一方で、大阪の方で開かれるうなぎには、腹開きにする事が習わし。
理由は、大阪の方は商人色の強い所なので腹を割って話しましょうと言う意味にもとれるから。
それでも、自腹を切るの言い方にも通じるので、場所によってはタブーな時も。
理由は、大阪の方は商人色の強い所なので腹を割って話しましょうと言う意味にもとれるから。
それでも、自腹を切るの言い方にも通じるので、場所によってはタブーな時も。
上記のお話は、バスガイドの正社員で働いていた時に、毎回、観光客にしゃべっていた話です。
新宿駅からスタートして、静岡の浜名湖や三島や沼津の鰻を食べるために向かおうという内容。

気どりながら話すあの人とアスファルトの匂い

仕事終わりの時間つぶしに、アンパンマンミュージアムに行って以来、芸術鑑賞に虜にされている。
びっくりしたのは、単独でゆっくり観賞しに来ている方も多かったこと。
それ以来私も、誰かと一緒じゃなくてもいけるし、誰か興味がある人に一緒に来てもらうこともある。
江戸博は、イベントがとてもなのでわたしも、一人でも行けるし、誰か興味がある人に一緒に来てもらうこともある。
江戸東京博物館は、期間限定の展示がすごく海の見える横須賀美術館には、私の好きな谷内六郎の作品の展示が数多くある。
谷内六郎は、有名な週刊誌、新潮の表紙絵の作家さんだ。
それ以外でも、江戸村の近くにある、竹久夢二美術館で凄い量の絵葉書を買った思い出も。
このように、絵には常に素敵な時を貰っている。

自信を持ってお喋りする友人と失くしたストラップ
何年か前から、鹿児島に住んで大型台風をとても気にかけることになった。
風の被害が全然違うからだ。
大分に住んでいたことも埼玉に住んでいたこともあるけれども、しかし、台風の強さが全く違う。
サッカーのゴールポストが走っていくと話を聞いた時は、オーバーだと思ったが、事実だった。
大型台風が直撃した後は、高いヤシや大木は道路に倒れ、海辺の道路はゴミでいっぱいで車で走るのにも道を選ばないと走れない。
海沿いの家や旅館では、車両のサイドミラーが破損したり、民家のガラスが破損し、天井が壊れたりと嘘だと考えていたようなことを目撃した。
直撃せずにかすめていくだけでも風はめちゃめちゃ強く、古い民家に住んでいると家のきしむ音がとても心配してしまう。

雨が上がった火曜の午前は読書を

友人の自宅のベランダにて成長しているミニトマトは、不幸なミニトマトかもしれない。
ぎりぎりまで水をあげなかったり、なんとなくミックスジュースをあげてみたり、味噌汁を与えたり。
酔った私と彼女に、カシスウーロンを飲まされたこともあり。
トマトの親である友達は、次回絶対トマトジュースを飲ませたいらしい。
好奇心を目の前にしてミニトマトの意思は全くシカト。

喜んで口笛を吹く父さんと月夜
知佳子と福岡のAbercrombie & Fitchに行った。
まじでAbercrombie & Fitchのセレブっぽいコーディネイトがお気に入り。
また、お店の中の空間デザインと、この匂いが。
3時間程度うろうろして、アバクロンビーを出た。
すると、私は歩道を占領して、通れない人が後ろにいたので、ごめんなさいと言い振り返る。
そういえば、店員さんだと思っていた兄さん。
笑顔で、大丈夫ですよ、など言っていた。
ビックリしたのは、抱えている荷物。
アバクロンビー&フィッチでいったいどれくらい購入したの?と質問したくなった。
その後、スターバックスで知佳子とその男の人の収入当てで議論をした。
アンサーは永遠のなぞだ。

無我夢中で自転車をこぐ先生と失くしたストラップ

ネットニュースをいつも見るけれど、新聞を見ることも前は好きだった。
現在は、0円で閲覧できるインターネットニュースが色々あるので、新聞はお金がかかりもったいなくて購入しなくなった。
ただ、読み慣れていたからか、新聞のほうが短い時間でたくさんの情報を得ることができていたけれど、インターネットニュースのほうが関連したニュースをおっていくことが出来るので、濃い内容まで見やすいことはある。
一般的なニュースから関連した深いところまで見つけていきやすいけれど、受けなさそうな情報も新聞はちょっとした場所に小さくてものせているから目につくけれど、インターネットニュースだと自分でそこまでいかなければ目につかない。
ごく最近では、アメリカ合衆国の債務不履行になってしまうかもというニュースがとても気になる。
なるわけないと普通は思うけれど、仮にそうなったら、他の国もきっと影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。

雨が上がった土曜の昼はシャワーを
友達の彼氏が梅干し屋さんとの事。
都内に本部があり台湾にショップもでき、関西の方にファクトリーがある。
日本全国に、定期的に、何名かのグループで試食会をするらしい。
飲みながら、これを聞くと、おなかがすいてきた。
「梅干し食べたい」など言うと、いただいたものがあると言いながら出してくれた。
この子と食べたこの梅干しが、これまでで最高に美味しかった。
ここで、さっそくはちみつ梅をオーダーしてしまった。

そよ風の吹く土曜の昼に目を閉じて

夕刊に、日本女性の眉の移り変わりをテーマにした、なかなか面白い記事がまとめてあった。
真相を知ると、次第に色気まで感じられるので不思議だ。
一見すると、怖いもののようにも感じる場合もあるが、江戸の頃は結婚している女性の印だという。
理由を知ると、実に色気まで感じられるので面白い。

雹が降った木曜の昼にシャワーを
最近、会社や家の事に手いっぱいで、ほとんど空き時間が持てない。
ちょっとだけフリーが手に入っても、だいたい次やるべき仕事の納期など、何かの期限が心にある。
そんな状況で、大きな休みがもらえると、かなり喜んでしまう。
さて、この少しだけ休日を何に費やそうかと。
最終的にはほとんどが、あれもしたい、これしたい、など希望のみが重なり、全部は上手くいかない。
何をしていても私は行動が遅いので、気付けば一日が経過。
時は金なり、なんて正に事実だと思う。


ページの先頭へ